2020年5月30日土曜日

知恵がない人に囲まれる毎日

主を恐れることは知識の初めである。愚かな者は訓戒をさげすむ。箴言1:7 主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えるからだ。 箴言2:6 今日から10日間の聖書朗読は震源です。「今日のメッセージの題が酷い」と思っていませんか?「周りの人の悪口を言って、教会に行きたいと思う人がいるはずないでしょう」。私もそう思います。しかし、私の言葉ではありません。歴史の中で最も賢い人の言葉です。ソロモンは想像を超える知恵と知識と富を神様からいただきました。そのソロモンの言葉です。教会は知恵ある人が集まる場所です. というのは、主を恐れる人の集まりです。愚かなの人は「おれは神様なんかいらない」と思い込んでいる人です。自分の心の状態を気付いて、神様の助けが必要であることを気付いている人の集まりは教会です。自分のプライドが原因で神様を求めないことをやめませんか?那珂川市で知恵のある人が一人でも増えますように。 (聖書朗読:イザヤ31-34、箴言1) The fear of the Lord is the beginning of knowledge; but fools despise wisdom and instruction. Proverbs 1:7 For the LORD giveth wisdom: out of his mouth cometh knowledge and understanding. For the next 10 days, our daily Bible reading will be the book of Proverbs. "The title of today's devotion is harsh" is what you may be thinking. "If you bad mouth people like that, no one will want to come to church!" I agree, however, these are not my words, but the words of Solomon, the wisest man who ever lived. God gave him more wisdom, knowledge, and wealth than he could ever imagine. The church is a gathering for wise people- which means people who have a fear of God. Foolish people say, "I don't need God." Wise people realize the condition of their heart. Throw away your pride and seek after God, and then there will be one less foolish person in Nakagawa

2020年5月29日金曜日

私たちの礎の石

だから、神である主は、こう仰せられる。「見よ。わたしはシオンに一つの石を礎として据える。これは、試みを経た石、堅く据えれらた礎の、尊いかしら石。これを信じる者は、あわてることがない。」イザヤ書28:16 建築物には基礎が一番大事なものです。新築工事で基礎工事が一番時間かかるように見えます。基礎工事が終われば、一気に家の床、壁、と屋根ができあがりますね。昔の工事と今の工事はいろいろと知識や方法が変わってますが、基礎に関する事実はかわりません。礎の石は何よりも大切な石で、建物の他の部分はすべてこの石に影響されます。正しく設置しなければ、建物にいろんなずれやトラブルが発生します。 この聖句はとても大切な預言です。新約聖書を見れば、この「礎の石」はキリストであることが分かります。荒野で40日間、悪魔による試みにあいましたが、イエスキリストは御言葉で勝ちました。キリストの教えだけではなく、キリストの行動を見れば、預言された通りの救い主だとわかります。建物がその礎の石の上に建てられていると同じように、私たちは教会の頭、教会の礎の石であるキリストの上に自分の人生を立つべきです。揺るがぬ石の上に立てば、あわてることない (イザヤ書28-30;詩編150) Therefore thus saith the LORD God, Behold, I lay in Zion for a foundation a stone, a tried stone, a precious corner stone, a sure foundation: he that believeth shall not make haste. Isaiah 28:16 The most important part of construction is the foundation. In new construction, the foundation seems to take a lot of time, but once it is finished, the frame of the house (floors, wall, roof) goes up in no time at all. Of course, the methods and materials used in construction have changed over time, the fact that the foundation is important has and never will change. The cornerstore, was the most important stone in the foundation of a building. Everything was measure according to that stone, and if that stone wasn't placed correctly, then everything else would be off, and the building would not stand for very long. This verse is a very important prophesy and it is easy to see by reading the NT, that it was fulfilled in Christ. Jesus was tempted 40 days in the wilderness and overcame it by using the Word of God. What can be said about the importance of a foundation to a building, is also true spiritually about our lives. We need to build our life on the foundation of Jesus Christ, and His Word, which will never change, and when when we do that, we will not waiver or be uneasy in our life.

2020年5月27日水曜日

裸の預言者

そのとき、主はアモツの子イザヤによって、語られた。こうである。「行って。あなたの腰の荒布を解き、あなたの足のはきものを脱げ。」それで、彼はそのようにし、裸になり、はだしで歩いた。イザヤ20:2 歴史からすべて説明すると、かなり長くなりますが、簡単にまとめるとエジプト等に対して預言をするイザヤが3年間裸で預言をしました。神様がなぜイザヤにこのような形で奉仕するように命令したのでしょうか。神様のための働きだからこそ、できる事なら見栄えのいい方法で御言葉を伝えたいですね。イザヤの裸は象徴的なものでした。エジプトが悔い改めない結果、すべてを失って神様の裁きを受けることを意味していました。 私たちは自分の意心地や名誉などを守るのではなく、どんなに非常識なことで、どんなに周りの方々に誤解されても、神様の福音を神様が命令する方法で回りに伝えたいですね。(裸にならないでください) 聖書朗読:イザヤ書20-23、詩編148) At the same time spake the LORD by Isaiah the son of Amoz, saying, Go and loose the sackcloth from off thy loins, and put off thy shoe from thy foot. And he did so, walking naked and barefoot. Isaiah 20:2 If I get into an extended explanation, it will make for a very long devotional, so let me summarize by simply saying that Isaiah walked barefoot and naked as a prophetic testimony against Egypt etc. Why did God command Isaiah to testify naked? Because serving God is so important, you would think that it should be done with dignity! These actions by Isaiah had hidden meaning- representing the judgement that Egypt would be receiving if they didn't repent and turn to God. As Christians, we should be more worried about preaching the Gospel, then we are worried about our own comforts, even if it means being misunderstood by those around us.

2020年5月26日火曜日

星の数や名前を決めた神様

主は星の数を数え、その全てに名をつける。詩篇147:4 天地万物の創造主である私たちの神様が星の数を知っているだけではなく、全てに名付けました。その偉大な神様があなたの人生の悩みや問題を解決できないことはあるでしょうか?3節には、「主は心の打ち砕かれた者を癒やし」と書いてあります。あなたは神様にとって、空の鳥より、海の砂より、宇宙の星よりはるかに大切な存在です。 (聖書朗読: イザヤ書15-19,詩篇147) He telleth the number of the stars; he calleth them all by their names. Psalms 147:4 God created the stars and He not only knows the number of stars, but He named them as well. That God is great and there is nothing in your life that He can't handle. Vs3 tells us that He heals the broken in heart. You are more important to Him than the birds of the air, the sands of the sea, or the vast universe housing the stars.

2020年5月25日月曜日

根株から新芽が生えるとき

エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。 イザヤ11:1 今は草刈りの大変な時期です。庭を綺麗にしても、1週間後はまた最初からのやり直し!去年切った木の根株から新芽が出て、枝になろうとしている。その枝を切っても、また違うところからでます。これは確実に言える。その木の根が生きている限りです。ただ、根が見えないので、生きているかどうかは分かりにくい時がある。 イザヤ11章は千年王国に関する預言です。救い主が来られるとき、一時神様から離れていたイスラエルがまた神様に立ち返り、神様の祝福を受けるたけではなく、自然界までにその影響が及ぶ。(6節から9節) イザヤ12章はその未来に起きる神様の業と祝福をすでに見えるているかのように、イザヤは感謝の賛美を作曲しました。なぜ、神様の約束は必ず成し遂げられるからです。今はありえないことだとしても、今はどのように主が道を作ってくださるかがわかならくても、神様の約束は絶対的だと信じ続けましょう。 (聖書朗読:イザヤ11-14、詩編146) And there shall come forth a rod out of the stem of Jesse, and a Branch shall grow out of his roots; Isaiah 11:1 . This is a busy time of year for weeding: make it beautiful, but a week later, it will be right back where it was. The tree stump I cut last year has small sprouts coming out that will soon turn into branches. Cut them, they will sprout from somewhere else; as long as the root of the tree is still alive. Isaiah 11 is prophesy for Israel about the Millenial Kingdom. When the Messiah comes, Israel, who had been away from God, will come back to HIm (a remnant) and receive His blessings. It will be a time of peace even for the rest of God's creation. (vs 6-9) Isaiah 12 is a song of praise looking forward to this time of peace. He wrote it as if it was already here! WHy? Because Isaiah knows that if God promises something, it'll happen. God will make a way, when there seems to be no way!

2020年5月23日土曜日

集会時間変更、駐車場について

コロナ感染対策で外出自粛の要請が終わろうとしている今、皆さんはいかがですか?家族と沢山時間を過ごせてよかったですね。普通の生活に戻れるのは嬉しいことですが、不安も少しあるでしょう!

アガペキリスト教会の集会が4月13日から休止にしていましたが、5月31日から再開します。大きく変わること、2点あります!

1)時間  「聖書と賛美の集い」は午後になります。5月31日より、毎週16:30から17:45です。子ども参加OK! 集会の途中に「子どもタイム」があります。(子ども向けの賛美と聖書の話)

2)駐車場購入しました。10台以上停められますので、車でどうぞ!

お待ちしています。

「私は、もうだめだ」

そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」 預言者イザヤが幻で聖なる神様を見たとき、神様の栄光を近くから見ることができました。深く感動したと同時に、自分の物足りなさと汚さを感じました。私たちは本当に神様の栄光と素晴らしさを理解できているのでしょうか?周りの方々は「神」と日々の言葉にして、聖なる神様に対する汚い態度を持っていますが、私たちは気付かなかったうちに、それに少しでも影響を受けているのではないでしょうか?神様の栄光を日々味わいながら、自分の物足りなさに気づき、自分のくちびるを聖なるものにして、神様をほめたたえましょう。 聖書朗読:イザヤ書4-7、詩編144 Isaiah 6:5 Then said I, Woe is me! For I am undone; because I am a man of unclean lips, and I dwell in the midst of a people of unclean lips; for mine eyes have seen the King, the Lord of hosts. When Isaiah saw a vision of God, he was immediately aware of the awesomeness of God, and also of his own inadequacies and uncleanness. ..... Sometimes, I wonder if we truly understand how awesome and holy God is. We live in a world that often belittles the existence of God, and without realizing it, perhaps it has effected our attitude about God in some small way. Do we stand before Him daily, in awe of His splendor. Do we understand in comparison how small we really are? Let’s honor Him with our lips today.

2020年5月21日木曜日

追いつめられる時

わたしは声を出して主に呼ばわり、 声を出して主に願い求めます。 詩篇 142:1 ダビデは悪いことしていないのに、獣のように追い詰められていたため、ほら穴に隠れていたときに書いた詩です。自分の味方がいないと思われていたでしょうが、そうではありませんでした。私たちの感情が落ち込みダビデと同じ気分になるとき、神様の御前に正直になり、祈りと賛美で乗り越えましょう。 聖書朗読 雅歌5-8 詩篇142 I cried unto the Lord with my voice; with my voice unto the Lord did I make my supplication. Psalms 142:1 David is hiding in a cave, having done nothing wrong, and yet he is still being hunted. He felt that there was no one on His side, which we know isn't true. Often times, when we are feeling down or having problems, we can feel the same way. We should do what David did here, being open and honest before God in prayer and song, and reminding ourselves that we are not alone.

2020年5月19日火曜日

今は遅くないが、若ければ若いほどがいい

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、 伝道の書 12:1 聖書朗読でこの三日間、伝導者の書の全章を読みました。ソロモン王の悲観的な態度もあり、何を言いたいかがわかりにくい箇所は少なくないですが、今日の聖句はわかりやすいのではないでしょうか?なぜ、若い時に神様を信じるのがいいのでしょうか?まずは、素直な時期で、色々と簡単なことを難しくしない時期だからです。そして、様々な失敗をしてしまう前だからです。若ければ若いほど神様に近づけるチャンスなので、弟子たちのように、神様に近づこうとする子どもを止めないでいましょう。年老いても、神様に近づけることができます。生きている限りだから、後回しにしないでほしい。 聖書朗読 伝導者の書9-12 詩篇140 Remember now thy Creator in the days of thy youth, while the evil days come not, nor the years draw nigh, when thou shalt say, I have no pleasure in them; Ecclesiastes 12:1 In these 3 days we have read all of Ecclesiastes. Because of Solomon's negative outlook, it is difficult to follow at times, but today's verse is easy to understand..... Why is it best to believe when we are young? Because the younger we are, the more sincere and innocent we are, and there aren't negative life experiences to cloud our judgment. It is before a life of mistakes and failures. Let's not stop small children from coming to Christ like the disciples did. The younger the better, although no matter how old you are, it is never to late to believe.

2020年5月17日日曜日

永遠を思う思い、あるはずです。

神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。 伝道の書 3:11 全てのものに時がある- 良いことでも嫌なこと。神様の働きが理解できなくても、永遠の思いで見れば、安心することができる。人は永遠を思うため、考えるために生まれた。神様から頂いたこの永遠を思う思いを無視して生きるなら、不満の思いが溢れてしまい、孤独な大変な思いの毎日を過ごすことになる。ソロモン王は伝導者の書で、様々なことがむなしいと言い続けますが、彼の唯一の救いは神様との関係でした。 聖書朗読 伝導者の書1-4 詩篇138 He hath made every thing beautiful in his time: also he hath set the world in their heart, so that no man can find out the work that God maketh from the beginning to the end. Eccl. 3:11   The "world" is better understood if it was translated "eternity". There's a time for everything, whether good or bad. Much of what God allows to transpire we don't understand. But when we keep an eternal perspective, it makes it even even easier to see that God makes everything beautiful in time.

2020年5月16日土曜日

私たちの全ての思いが分かる神さま!

あなたには、すべてができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました。ヨブ記42:2 ヨブ記の最後に来ました。いつも読むと祝福され、考えさせられます。ヨブには罪がなかったわけでもなく、友だちに語った言葉には問題がなかったわけでもない。最後の方に自分の過ちを悔い改めてます。(友だちの方が悪かったが)  神様は私たちの思いを知っておられます。私たちの言動の裏がご存知なのです。私たちは自分の友だちの思いを理解できていると思い込み、正しいアドバイスをしているつもりかもしれませんが、神様の様にすべてが知っているわけではありません。 自分自身の思いではなく、困っている人には御言葉を教えましょう。 聖書朗読 ヨブ記40-42 詩篇137 I know that thou canst do every thing, and that no thought can be withholden from thee. Job 42:2 Well, we've come to the end of Job, always a blessing and a challenge to study. Job wasn't perfect in all his speeches to his friends, and here at the end, he acknowledged his erros and his pride. God knows our thoughts. He knows the reasons behind what we do and say. Job's friends were just like us in that at times we think we know what someone else is thinking and feeling and we think we are giving good advice. But no...only God has the ability to truly know our every thought.

2020年5月15日金曜日

神様の慈しみはとこしえまで

主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。 詩篇136:1 昨日は神様の偉大な働きを理解出きても大丈夫で、神様のあわれみ、恵みはあることだけで安心しましょう、と書きました。今日の聖書朗読の詩篇136は歌であり、その中に「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」とありますが、何回繰り返すか数えてみてください! 聖書朗読 ヨブ記38-39 詩篇136 Oh give thanks unto the Lord; for he is good: for his mercy endureth forever. Psalm 136:1 In yesterday's devotion, I shared that it doesn't matter whether we understand what God is doing or not and that we should rest in His Mercy and grace. Today's Psalm is a song and the refrain, "for His mercy endureth forever" repeats over and over. How many times? As you're counting, think about just now wonderful his Mercy is.

2020年5月14日木曜日

神様の働きを理解できなくてもOK!

詩篇135:6 主は望むところをことごとく行われる。天で、地で、海で、またすべての淵で。 神様のなさること、理解できない時が多いかもしれませんが、考えてみるとこれでいいのです。神様の計画が偉大すぎて、私たちに一々説明する立場ではなく、必要もないのです。その偉大な神様が私たちを愛し、私たちを哀れんでくださってます。安心して生活しましょう。 聖書朗読 ヨブ記35-37 詩篇135 Whatsoever the Lord pleased, that did he in heaven, and in earth, in the seas, and all deep places. Psalms 135:6 There are times when we can't understand what God is doing, but if you really think about it: of course we can't understand. His plan is too great and He's isn't in a position to need to explain everything to us. That Great God loves us and shows us His Mercy. Let's rest in His arms.

2020年5月12日火曜日

過去ではなく、今日のために生きる

「ああ過ぎた年月のようであったらよいのだが、神がわたしを守ってくださった日のようであったらよいのだが。 あの時には、彼のともしびがわたしの頭の上に輝き、彼の光によってわたしは暗やみを歩んだ。 わたしの盛んな時のようであったならよいのだが。あの時には、神の親しみがわたしの天幕の上にあった。 あの時には、全能者がなおわたしと共にいまし、わたしの子供たちもわたしの周囲にいた。 ヨブ記 29:2‭-‬5 JA1955 昔のことを懐かしく思い出し、その日に戻れたらと思っていたヨブの言葉です。全てを失っただけではなく、役に立たない、ヨブを責めるだけのアドバイスをする友人に囲まれている。私たちも過去を懐かしく考えたり、戻ったりしたい時もありますね!ただ、あまりそれをしすぎると、今の信仰生活に悪影響をするかもしれないし、今の目の前にある祝福や大切な人たちを見えなくもなります。今日のために生きて、今日の周りにいる人たちを感謝しましょう。 聖書朗読 ヨブ記29-31 Oh that I were as in months past, as in the days when God preserved me; When his candle shined upon my head, and when by his light I walked through darkness; As I was in the days of my youth, when the secret of God was upon my tabernacle; When the Almighty was yet with me, when my children were about me; Job 29:2‭-‬5 KJV Job longingly looks back at his past which is easy to understand as he was currently in a very dark time. God had allowed everything to be taken away and his so called friends weren't helping the situation with their judgemental and bad advice. In vs5 he mentions being surrounded by his children who had now been taken away. It's hard to see children grow up but we shouldnt be so busy looking back longingly that we miss the importance of today and the ones that are right in front of us.

2020年5月9日土曜日

友だちの助言を頼りにするな

いつまで、あなたがたは私のたましいを悩まし、そんな論法で私を砕くのか。もう、十度もあなたがたは私に恥ずかしい思いをさせ、恥知らずにも私をいじめる。ヨブ記19:2-3 ヨブの友だちは親切な事をしていたつもりでヨブを助けようとしていました。しかし、彼らの言葉は自らの知恵であり、言い直すと知恵ではなかった。神様の言葉ではなかった。人を助けようとする時、神様の知恵ではなく、自分の考えだけであれば、物足りないし、逆に迷惑と言っていいかもしれません。何を言って慰めたら良いかがわからない時は、何も言わずに一緒にいるだけでいい。ヨブの友だちは最初の一週間の方がしゃべり出す時より良かった!私たちは聖書があるが、未信者はそれがないので、悩みごとを未信者に話したり、意見を聞いたりするのが良くありません。聖書の知恵を何よりも! 聖書朗読 ヨブ記17-20 詩篇130 How long will ye vex my soul, and break me in pieces with words? These ten times have ye reproached me: ye are not ashamed that ye make yourselves strange to me. Job 19:2‭-‬3 KJV Jobs friends were trying to be kind to him but their advice was their own advice and therefore not good. When we try to encourage or comfort others, if it is only our own advice, it will fall short. When we don't know what to say to someone that is hurting,, it is okay to say nothing at all- just be with them. Jobs friends did their best advice the first week (when they didn't talk) ! We have the wisdom of God so we don't need to seek the advice of unbelievers. Let's seek God's wisdom.

2020年5月7日木曜日

福祉を頼る危険

すべて主をおそれ、主の道に歩む者はさいわいである。 あなたは自分の手の勤労の実を食べ、 幸福で、かつ安らかであろう。詩篇 128:1‭-‬2 この聖句には、現代拡大されている福祉(生活保護等)の危険、または、人間の幸福についてわかりやすく神様の計画が書かれてます。人間は働くために造られましたし、働く時は一番幸せです。健康な体で働けるなら、神様と共に歩みながら働きましょう。コロナが終息し、普通の生活に早く戻れるように! 聖書朗読 ヨブ記11-13 詩篇128 Blessed is every one that feareth the Lord ; that walketh in his ways. For thou shalt eat the labour of thine hands: happy shalt thou be, and it shall be well with thee. Psalms 128:1‭-‬2 These verses perfectly explains what is wrong with welfare and why we are to rely first on God, and not the government. Man was made to work and when we are doing what God created us to do, we are the happiest. There is a time and place for welfare, helping those who can't help themselves. I think Corona needs to end soon so people can get back to doing what they were created to do.

2020年5月5日火曜日

なぜ!」は神様に聞けばいい!

私なら、神に尋ね、私のことを神に訴えよう。神は大いなる事をなして測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。 ヨブ記を読むときは、その友のアドバイスは良いものかどうか、すなわち他の聖句とあっているかどうかを見分ける必要があります。 その友だちの多くのアドバイスは神様の教えではなく、間違っている知恵の例として受け止めなければなりません。しかし、一部は正しい、良いアドバイスもあります。今の時代のサタンの働き方が同じです。良いものを沢山提供した中で聖書に反するものをまじ混んで、私たちをつまずこうとします。 8節には友達がヨブに、「なぜ?」と聞いたり、自分の考えを弁明したいなら、直接神様としなさい、と伝えてます。人生が思う通りに行かないとき、その理由を周りに聞いても、正しい答えがありません。神様に聞きましょう。 Job 5:8 I would seek unto God, and unto God would I commit my cause: which doeth great things and unsearchable; marvellous things without number. When reading the book of Job, we need to look at a piece of Jobs' friends advice, and ask ourselves, "Is it consistent with the rest of Scripture?" We know that much of this advice is bad advice but some of it is good. It's a great example of how Satan deceives so many Christians: mixing good advice (truth) with the bad so the person doesn't recognize the bad. Eliphaz tells Job to ask God, "why?" And to please his cause with God. That is good advice because his friends are clueless!

2020年5月4日月曜日

コロナ感染の中でも、良いことが沢山ある

コロナ感染拡大防止で学校休校から2ヶ月間経ちました。色々変わってきてる中、皆さんはいかがですか?私の家族は元気で、家でゆっくり過ごしています。

昨日、教会の信者からメールが届きました。昨日のメッセージを聞いての感想文ですが、すごく良かったので、ここにシェアします。

「今回のCOVID-19🦠で、確かに虐待やDVも増えているかもしれませんが、その一方で家族一緒に出掛けている場面もよく見ました。ハンズマンに大勢のお客さんが来られていたというお話をされていましたが、もしかしたら今までDIY(diy)をしたことがなかったご主人もいたかもしれません。
DIYをしながら家族の会話が増えた家庭もあるかもしれません。
仕事が縮小されてお給料が不安になって、本当に必要なものを見定めてお買い物をしたり、知恵を使って料理をしたり。
当たり前の事が出来なくなった今、本当に必要なものを見定めることを考えることが出来ると思います。
多くの人は本当に困った状況になると神様を信じてないと言っていたのに、神様助けて下さい!と祈る人が多いと聞きます。人間はDNAに神様に対する信仰心が組み込まれていると思います。少しでも多くの人がこの状況の中で神様に関心を持ってくれたらなぁーと思います。

この前、ベン・ハーの映画を見たのですが、山上の垂訓の場面で本当に大勢の群衆でしたが、みんな静かにイエス様の話を聞いていました。
今日のお話を聞いてその場面を思い出しながら確かに静かな所は人がいない所だと思いましたが、イエス様のそばにいつもいるなら、世の中の様々な騒々しい雑音を離れて心も体も静かに過ごせるのではないかなぁーと思いました。
毎日の聖書通読や祈りによって、いつも神様のそばで心が平安で静かな場所にいたいと思いました。」

善良な人々が頂く祝福

主よ。善良な人々や心の直ぐな人々に、いつくしみを施してください。詩篇125:4 教会の集会の最後に、牧師が信者を祝福するための祝祷を祈ります。この詩には同じような祈りかあります。神様の祝福、欲しいですね!今日から16日、聖書朗読はヨブ記です。 読みながら、自分に聞きましょう: 私はヨブに似ているのか、そのアドバイスをしようとした友達に似ているのか? 聖書朗読 ヨブ記1-4 詩篇125 Psalm 125: 4 Do good, O Lord, unto those that be good, and to them that are upright in their hearts. Often at the end of a service, there is a benediction, a prayer of blessing on God's people. Here, the Psalmist prays for the goodness of God on the upright. Starting today and continuing through the 16th, our Bible reading is the book of Job. As we read through it, we should be asking ourselves, "Am I like Job or am I more similar to his friends in regards to being upright?"

2020年5月3日日曜日

心の中のプライド

やがてハマンがはいって来ると王は言った、「王が栄誉を与えようと思う人にはどうしたらよかろうか」。ハマンは心のうちに言った、「王はわたし以外にだれに栄誉を与えようと思われるだろうか」。エステル記 6:6 口語訳 ハマンのプライドはハマンの死をもたらした。自分のVIPステータスを守るためにこの手を、あの手を使いましたが、結果は王様の命令により死刑になりました。当然、そこまでではないが、先週はある経験を通して、自分の心に思った以上のプライドがあると知りました。クリスチャンの謙遜は社会に見られる形的なものではなく、イエス様を模範にして、イエス様に見られる謙遜を真似しましょう。 聖書朗読 エステル記6-10 詩篇124 So Haman came in. And the king said unto him, What shall be done unto the man whom the king delighteth to honour? Now Haman thought in his heart, To whom would the king delight to do honour more than to myself? Esther 6:6 Haman's pride resulted in his own death. He was so concerned with his own VIP status, that he used this and that method to maintain his status and as a result, he received the death penalty. Of course it wasn't to that extent, but through s situation last week, I discovered the extent of my own pride. Christians should be modeling the humility of Christ which is much different than the fake humility that we see in society.

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...