2020年4月30日木曜日

寝てません!

見よ、イスラエルを守る者は まどろむこともなく、眠ることもない。 詩篇 121:4 そして、日本を守る者(総理大臣ではない)、那珂川を守る者(市長ではない)、アガペキリスト教会を守る者(牧師ではない) は眠ることがない。これ以外、何もつけくわえなくていいですね。 聖書朗読 ネヘミヤ記10-11 詩篇121 Behold, he that keepeth Israel shall neither slumber nor sleep. Psalms 121:4 And He that keepeth Japan, Nakagawa, and even Agape Baptist Church doesn't sleep at all, not even a small nap. Does anything else need to be said?

2020年4月29日水曜日

忙しすぎるはずがない

彼らはその所に立ったままで、昼の1/4は、彼らの神、主の律法の書を朗読し、次の1/4は、告白をして、彼らの神、主を礼拝した。ネヘミヤ9:3 昼の1/4と書いてますが、原語の言い方を詳しく調べると3時間のことです。聖書を3時間読んでから3時間礼拝していた!毎日ですよ!長年、神様から離れた人たちがいて、神の助けと憐れみを受けて、感謝な気持ちだったでしょうね。今は暇な日々が多く、聖書を読まないなら、「忙しい」という言い訳は無理です。聖書を読む習慣を身につけるチャンスです。 聖書朗読 ネヘミヤ記7-9 詩篇120 And they stood up in their place, and read in the book of the law of the Lord their God one fourth part of the day; and another fourth part they confessed, and worshipped the Lord their God. Nehemiah 9:3 KJV For three hours every day, they listened to the Word of God being read, and for three hours they confessed and worshipped. There was a long period of time that they were away from God and His Word and I'm sure they were filled with happiness for His Mercy. Right now with Corona, we have a lot of free time. If we aren't reading the Bible every day, it's not because we are too busy. Let's get in the habit of reading every day.

2020年4月26日日曜日

壁を壊すな!

王に申しあげた、「どうぞ王よ、長生きされますように。わたしの先祖の墳墓の地であるあの町は荒廃し、その門が火で焼かれたままであるのに、どうしてわたしは悲しげな顔をしないでいられましょうか」。 ネヘミヤ記 2:3 門や壁の目的はなんでしょうか?様々な目的があると思いますが、一番すぐ思いつくのは、中にいる者を天候や敵から守るためです。アメリカ大統領が壁を作ると言い出した時、大きな批判を受けましたが、当然のことしか言いませんでした。 それと同じように、ネヘミヤはエルサレムの門や城壁を再建する夢がありました。神様の宮や民を守るために不可欠な働きでした。 「壁を壊そう」と言う多様な時代である今、壁の目的や必要性を忘れないで欲しい。霊的な壁を作り、自分の心を守り、聖別された人になりましょう。 聖書朗読 ネヘミヤ1-3 詩篇117 And said unto the king, Let the king live for ever: why should not my countenance be sad, when the city, the place of my fathers' sepulchres, lieth waste, and the gates thereof are consumed with fire? Nehemiah 2:3 What is the purpose of a wall? There are many, but the first that comes to mind is to protect those inside from weather and enemies...... When President Trump declared he would build a wall, he was ridiculed, but yet he only had stated the obvious. In the same way, Nehemiah had a desire to rebuild the walls and gates of Jerusalem. It was an essential project in order to protect God's city and God's people. People in this global world where anything goes, want to tear down walls. Please remember the purpose of walls. Build spiritual walls and be separated. © LINE Corporation 規約とポリシー

2020年4月25日土曜日

無視されるのは嫌。

わたしは主を愛する。 主はわが声と、わが願いとを聞かれたからである。 詩篇 116:1 口語訳 私たちが話す時、周りの人が聞いてくれると嬉しいですが、無視されると嫌な気持ちになる場合があります。だから、待ちきれなくて、他の人が話してる途中に割り込んだりする場合がある。今預かってる里子くんは特に酷い。皆の集中が自分の方に集まるまで、声がどんどん大きくなる。そして、集中して聞いても、それが嬉しくて、声が小さくなるわけではない。 神様は私たちの声を聞くのが好き。例え小さな声でも、叫んでもいいから、祈ろう。 聖書朗読 エズラ8-10,詩篇116 I love the Lord , because he hath heard my voice and my supplications. Psalms 116:1 KJV When we are talking, if people around us listen, it makes is happy, but it is an unpleasant feeling if we are ignored. That's why it is common to interrupt someone because we feel we can't wait. Our foster son is especially bad. He often interrupts and gets louder and louder until he is heard. God wants to hear our voice. Small voice, shouting voice, if doesn't matter...just pray.

2020年4月23日木曜日

なんで恐れないのか?

地よ、主のみ前におののけ、ヤコブの神のみ前におののけ。 詩篇 114:7 クリスチャンを含め、現代の多くの人は神様に対する「恐れ」がなく、軽く冗談ぽくに神様の名前をつかう。聖書が教える神様は偉大な方で想像できないほど素晴らしい業を行える。その素晴らしい神様が私の名前を知ってる!愛の神、恵みの神でありますが、神様に対する恐れもあるべきです。 聖書朗読 エズラ記1-3 詩篇114 Tremble, thou earth, at the presence of the Lord, at the presence of the God of Jacob; Psalms 114:7 Including some Christians, many people today don't have a fear of God, rather they take His name very lightly. God is great and capable of mighty acts that beyond our comprehension. That great God knows my name! He is a God of love and grace but we should also have a proper fear.

2020年4月21日火曜日

死が告げられた日

かつ、わたしはあなたのよわいを十五年増す。わたしはあなたと、この町とをアッスリヤの王の手から救い、わたしの名のため、またわたしのしもべダビデのためにこの町を守るであろう』」。第2列王記 20:6 死が告げられたヒゼキヤが、必死に祈りました。そして、寿命ご15年延期されるとの言葉が神様からいただきました。ホッとしたでしょう。ここがクリスチャンにも危ない所: 勝利や祝福の後の油断!ヒゼキヤが癒やされたら後、油断してしまい、様々なトラブルに繋がりました。今日の聖句の続きを読んでください。 聖句朗読 第2列王記20-22 詩篇112 And I will add unto thy days fifteen years; and I will deliver thee and this city out of the hand of the king of Assyria; and I will defend this city for mine own sake, and for my servant David's sake. 2 Kings 20:6 Hezekiah was going to die but because of his sincere prayer, God gave him 15 more years. The problems started after that and it can be the same for Christians: letting down our guard after a victory. Continue reading the text for today to hear the rest.

2020年4月17日金曜日

何よりも大切なこと

神よ。あなたが天であがめられ、あなたの栄光が全世界であがめられますように 詩篇 108:5 Be thou exalted, O God, above the heavens: and thy glory above all the earth; Psalms 108:5 おはようございます。寝れましたか? 私たちの近所には遅くまで騒いでる人たちがいて、なかなか寝付きませんでした。そのイライラから常識がない彼らに愚痴を言いたくなるが、考えてみると、大したことないですね。神様があがめられることが何よりで、私たちの行動がその偉大な使命の邪魔にならないように行動しましょう。 聖書朗読 第2列王記8-11 詩篇108

2020年4月16日木曜日

病気には偏見がない

スリヤ王の軍勢の長ナアマンはその主君に重んじられた有力な人であった。主がかつて彼を用いてスリヤに勝利を得させられたからである。彼は大勇士であったが、重い皮膚病をわずらっていた。 第2列王記 5:1 ナアマンはVIPでした。一般の人の苦労はわからず、成績ある立派なリーダーでした。なのに、大きな病気で苦しんでました。なぜ?病気には偏見がないから。社会の立場は関係ないかり。病気になるときは深い意味があると思わず、ただただ、癒やし主に癒やされるように祈りましょう。 聖書朗読 第2列王記4-7 詩篇107 Now Naaman, captain of the host of the king of Syria, was a great man with his master, and honourable, because by him the Lord had given deliverance unto Syria: he was also a mighty man in valour, but he was a leper. 2 Kings 5:1 Naaman was a VIP. He didn't know the struggles of normal people. He was an elite leader of an army. However, he was struggling with a serious illness. Why? Because disease doesn't discriminate. it doesn't care about your status. When we become sick, we shouldn't overanalyze that there is some deep meaning. Just ask the Great Physician for healing.

2020年4月15日水曜日

スポーツ優勝以上に元気づけるもの

主をほめたたえよ。主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。 詩篇 106:1 今はスポーツ試合が無いので、各テレビ局がホークスの過去の優勝の動画を流したり、その他の主な出来事をニュース番組時に放送しています。試合がないからニュース内容が足りなく放送時間が余るのが理由ではないと思います。コロナで落ち込んだり不安な人が多いなか、過去のスポーツの勝利の振り返りを見ることで元気が出るからだと思います。 私たちクリスチャンはスポーツの振り返りより元気になるはるかに良い方法があります: 賛美です。神様を褒めたたえましょう。 聖書朗読 第2列王記1-3 詩篇106 Praise ye the Lord . O give thanks unto the Lord ; for he is good: for his mercy endureth for ever. Psalms 106:1 All the TV stations are showing clips from previous baseball championships because there aren't any games right now. Why are they doing this? Is it to kill time because there is not enough news topics and they will have empty airtime? No. It's because watching winning moments in sports cheers people up. We as Christians have a better way! Singing praise to God!

2020年4月13日月曜日

Lonely, but not alone

それで、彼は行って、主の言葉の通りにした。すなわち、彼はヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに行って住んだ。幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とをはこんで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。彼はその川から水を飲んだ。 第一列王記17:5-6 エリアは孤独な思いをしていた時があったとしても、決してひとりぼっちではなかった。神様が彼の必要な糧を彼の所まで運んでくれた。続きを読むと川が乾いたことがわかります。しかし、どんな状況になっても、神様は道を備えてくれました。私たちは一人ではない。それを忘れずに今週の外出自粛を耐えましょう。 聖書朗読 第一列王記14-16 詩篇103 So he went and did according unto the word of the Lord : for he went and dwelt by the brook Cherith, that is before Jordan. And the ravens brought him bread and flesh in the morning, and bread and flesh in the evening; and he drank of the brook. 1 Kings 17:5‭-‬6 I'm sure that there were many times Elijah was lonely but he was never alone. God always provided his daily needs. If you continue to read, you'll see that the river dried up, but not to worry because God has a plan. God always has a plan and always knows what we need. We are never alone. Let's remember that as we stay at home this week.

2020年4月10日金曜日

いつもでもどこでも礼拝できる

しかし主はわたしの父ダビデに言われた、『わたしの名のために宮を建てることはあなたの心にあった。あなたの心にこの事のあったのは結構である。 列王記上 8:18 ダビデ王が神殿を建設する思いがありましたが、神様に止められました。その思いがないよりは、あるほうが神様が喜びました。神様のために何かしようとする時、神様に止められるまで前に進みましょう。 イースター集会を含め、今月の教会集会すべてが中止ですが、集会がなくても、教会に行けなくても、神様を礼拝できます。 聖書朗読 第一列王記8-10 詩篇101 And the Lord said unto David my father, Whereas it was in thine heart to build an house unto my name, thou didst well that it was in thine heart. 1 Kings 8:18 KJV Is this where the phrase, "it's the thought that counts" came from? God stopped David from bulding the Temple. We should always move forward until God stops us and then, we should find a different way to move forward for Him. There is no church services this month but we can still worship Him where we are.

2020年4月8日水曜日

願いを超えた祝福

lse. God gave him even more than he asked for. Are our prayers pleasing to God? When is a time that God gave is even more than we asked for? それゆえ、聞きわける心をしもべに与えて、あなたの民をさばかせ、わたしに善悪をわきまえることを得させてください。だれが、あなたのこの大いなる民をさばくことができましょう」。 ソロモンはこの事を求めたので、そのことが主のみこころにかなった。 第一列王記 3:9‭-‬10 「一年で聖書を読む」チャレンジでこの有名な箇所まで進みました。今日の聖句のテーマは昨日のテーマと似てる。ソロモン王が知恵を願った理由は、何よりも価値があるものだと理解していたからです。神様がソロモン王に知恵だけではなく、願わなかった素晴らしい冨を与えましたね。 私たちはいかがですか?私たちの祈りは神様が喜ぶものでしょうか?私たちのテーマ願いを超えてる祝福をいただいてますか?  聖書朗読 第一列王記1-3 詩篇99 Give therefore thy servant an understanding heart to judge thy people, that I may discern between good and bad: for who is able to judge this thy so great a people? And the speech pleased the Lord, that Solomon had asked this thing. 1 Kings 3:9‭-‬10 We've come to this famous passage in our reading through the Bible in one year, and the theme of today's devotional is similar to yesterday's. King Solomon asked for wisdom because he recognized that is was more valuable than anything e

2020年4月7日火曜日

リーダーはどこにいるのか?

イスラエルの神は語られた、 イスラエルの岩はわたしに言われた、 『人を正しく治める者、 神を恐れて、治める者は、 朝の光のように、 雲のない朝に、輝きでる太陽のように、 地に若草を芽ばえさせる雨のように人に臨む』。 サムエル記下 23:3‭-‬4 ダビデ王の最後の言葉です。国のリーダーたちは神様を恐れるべきですが、今の時代は、その様なリーダーがいるのでしょうか?リーダーは正しい決断をしなければならないが、コロナでそれがいつも以上に難しい。リーダーのために祈りましょう。 聖書朗読 第2サムエル記22-24 詩篇98 The God of Israel said, the Rock of Israel spake to me, He that ruleth over men must be just, ruling in the fear of God. And he shall be as the light of the morning, when the sun riseth, even a morning without clouds; as the tender grass springing out of the earth by clear shining after rain. 2 Samuel 23:3‭-‬4 KJV https://bible.com/bible/1/2sa.23.3-4.KJV These are David's last words. He speaks about the fact that leaders must be just and fear God. Are there any such leaders today? The coronavirus has made it even more difficult for leaders to make good decisions. Let's pray for our leaders today.

2020年4月4日土曜日

誰の声を聴いてる?

さあ、われらは拝み、ひれ伏し、 われらの造り主、主のみ前にひざまずこう。 主はわれらの神であり、 われらはその牧の民、そのみ手の羊である。 どうか、あなたがたは、 きょう、そのみ声を聞くように。 詩篇 95:6‭-‬7 羊は決して賢い動物ではないが、自分の羊飼いの声に聞き従う事ができる。 今の社会には、メディアや友達など、多くの「声」があり、間違っている多くの情報が頭に入ってしまい、何が正しいか分からなくなります。神様のみ礼拝すれば、この声を無視できるようになり、安らかになります。 聖書朗読 第2サムエル記13-15 詩篇95 O come, let us worship and bow down: let us kneel before the Lord our maker. For he is our God; and we are the people of his pasture, and the sheep of his hand. Psalms 95:6‭-‬7 Sheep aren't the brightest of animals, but are smart enough to hear the voice of their shepherd and to follow. There are so many voices sending mixed messages today that it is hard to tune out the voices we shouldn't be listening to. When we worship God alone, it will be much easier to tune out the false voices.

2020年4月2日木曜日

偉大な神様はニュース局に勤めてません

主なる神よ、あなたは偉大です。それは、われわれがすべて耳に聞いたところによれば、あなたのような者はなく、またあなたのほかに神はないからです。第2サムエル記7:22 これは、ダビデ王が神様に選ばれ、守られ、王にされたこと、イスラエル人が選ばれた民として神様に祝福されていることに対しての感謝の祈りの一部です。神様は偉大な方であり、私たちは聖書にその記録を読むだけではなく、今の生活で経験できることです。毎日は不安なニュース、経済はどうなるかの心配のなかですが、ニュースを見る時間を減らし、神様に目を向ける時間を増やしましょう。 聖書朗読 第2サムエル記4-7 詩篇93 Wherefore thou art great, O Lord God: for there is none like thee, neither is there any God beside thee, according to all that we have heard with our ears. 2 Samuel 7:22 This song is a prayer of Thanksgiving by David, who was chosen by God to be king. He praises God for choosing Israel as His people and for His bountiful blessings. God is great, and not only can we read about it in the Bible but we can experience it in our own lives. Every day, the news is full of things that make us worry and we don't know how is our finances will work out. Let's decrease the amount of time we spend watching the news and focus more on God.

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...