2020年4月16日木曜日

病気には偏見がない

スリヤ王の軍勢の長ナアマンはその主君に重んじられた有力な人であった。主がかつて彼を用いてスリヤに勝利を得させられたからである。彼は大勇士であったが、重い皮膚病をわずらっていた。 第2列王記 5:1 ナアマンはVIPでした。一般の人の苦労はわからず、成績ある立派なリーダーでした。なのに、大きな病気で苦しんでました。なぜ?病気には偏見がないから。社会の立場は関係ないかり。病気になるときは深い意味があると思わず、ただただ、癒やし主に癒やされるように祈りましょう。 聖書朗読 第2列王記4-7 詩篇107 Now Naaman, captain of the host of the king of Syria, was a great man with his master, and honourable, because by him the Lord had given deliverance unto Syria: he was also a mighty man in valour, but he was a leper. 2 Kings 5:1 Naaman was a VIP. He didn't know the struggles of normal people. He was an elite leader of an army. However, he was struggling with a serious illness. Why? Because disease doesn't discriminate. it doesn't care about your status. When we become sick, we shouldn't overanalyze that there is some deep meaning. Just ask the Great Physician for healing.

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...