2013年11月1日金曜日

We'll Just Play it By Ear

Have you ever heard this expression?  This expression comes from the music world, but is often used by English speakers in settings that have nothing to do with music.   I just used it today, actually.   I was talking about my plans for next Tuesday.  I told my kids, "let's just play it by ear."   It means that we don't need to make concrete plans ahead of time, but we can wait until Tuesday and decide then based on the circumstances and schedule of that day.   In the music world, "to play something by ear", means to play something on a musical instrument without having any sheet music in front of you.  You just make up the notes as you go, based on how it sounds.

今日、子どもたちと来週の火曜日のスケジュールについて、話していました。そのときに使った英語の表現ですが、このPlay It By EARという表現は音楽の世界から来ています。楽譜がなく、耳で引くという意味です。引きながら、次の音を考えて、何とかなるという意味です。人生にはある所まで、計画をたてられますが、絶対的に来週の火曜日に何がおきるかがわからないので、心配しないで生きるという意味です。

聖書にも、同じようなことが書いてあります。 マタイ6:27 あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか?

計画はいいですが、細かいところまで、心配して生きることをやめましょう。 Lets just play it by ear! 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...