2021年5月4日火曜日

回心しても受け入れられない時

聖書朗読 使徒の働き 9章 26節 エルサレムに着いて、サウロは弟子たちの仲間に入ろうと試みたが、みな、彼が弟子であるとは信じず、彼を恐れていた。 パウロが救われたことは間違いなかったですが、周りの人達はすぐにそれを受け入れることができなかった。当然の恐れがありました.。なぜなら、パウロは国中を回ってクリスチャンたちを捕まえて迫害していたからです。 もしかしたら、皆さんがクリスチャンになった時、家族等がそれをすぐに受け入れずにいました。時間が経っても、まだ受け入れてないかもしれません。 バウロは福音に対する熱意で彼らの不安や疑問を乗り越えました。福音にはパワーがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...