2021年4月14日水曜日

人の死により。。。

聖書朗読 ヨハネの福音書 11:28−57 49−50節 しかし、彼らのうちの一人で、その年の大祭司であったカヤパが、彼らに言った。「あなたがたは何も分かっていない。一人の人が民に代わって死んで、国民全体が滅びないですむほうが、自分たちにとって得策だということを、考えてもいない。」 大祭司のカヤバが、ただただローマの手でイスラエルががつぶれるのを恐れていただけで話した言葉です。イエス様がすくい主だと信じていた訳ではないと思いますが、この言葉はイエス様の十字架の死の預言となりました。一人の方が死により、多くの人の救いが可能となりました。イエス様の深い愛、感謝します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...