2021年4月11日日曜日

「礼拝」は集会の名前ではありません

聖書朗読:ヨハネの福音書9章   38節 彼は言った。「主よ。私は信じます。」そして彼はイエスを拝した。  多くの教会では、今日「礼拝」を行います。看板にはそう書いてあるからわかりますが、その教会に出席したら、本当にその集会で「礼拝」が行われているかが疑問です。ヨハネ9章には、目が不自由な男を癒したイエス様の奇跡が記録されています。生まれてから一度も見えることができなかった彼は、イエス様を信じました。そして、イエス様を拝した、とあります。  礼拝は何でしょうか?誰が礼拝できるのでしょうか?近いうち、これを聖書から一緒に勉強したいと思います。今日は一言いいますと、神様を信じている人がしか礼拝できません。礼拝は儀式的なものではありません。礼拝は単なる教会の一つの名前ではありません。礼拝とは、神様を信じている人たちが神様を拝むということです。神様をほめたたえることです。神様に救われた事を感謝することです。神様を信じていない人たちは集会に参加して、歌を歌うことができますが、礼拝ではないですね。まずは、信じることからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...