2021年2月1日月曜日

恐ろしく喜ぶ?

 聖書朗読 マタイ28章

8節 そこで、彼女達は恐ろしくはあったが大喜びで、急いで墓を離れ、弟子たちに知らせに走って行った。

この聖句にある「恐ろしくはあったが大喜びで」は面白い表現だと思います。普通で考える反対に近い感情で、同時に感じる経験は少ないのではないでしょうか?

生活のなかでどういう時に恐れと喜びを同時に経験するかというと、私の場合はジェットコスター乗ってるときです。乗ってる時に「こわい」と思わないと二度と乗りません。怖いと思うのが楽しいのです。

イエス様の復活を聞いた彼女たちは複雑な気持ちでしたね。イエス様の復活は私たちの日々の生活に希望を与える素晴らしい出来事ですから、イースターだけではなく、毎日お祝いしたいですね。

今週も不安を与える出来事も喜ぶ出来事もあるでしょうが、ジェットコスター乗ってる様な一週間になったとしても、主の復活が与える希望を忘れずに歩みましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...