2012年12月30日日曜日

2012年の最後の日曜日

数か月前に「いつ終わるんだろう」と思った、この2012年の最後の日曜日となりました。 この一年間を考えると感謝な気持ちでいっぱいです。 辛いこともありましたが、それからいろいろ学び、成長したと思います。 4月に学校の正式なはじまり、または、7月に教会にとっての新たなスタートでした。 救いの決心をする人や、バプテスマを受ける方も。 ハレルヤ! 教会の新たなスタートから、今日までを考えると感謝でいっぱいです。 2013年もますます、神様の祝福がありますように、祈りましょう。  真の神様を信じていない人であれば、この一年間の出来事を考えると、不安になるかもしません。 台風、地震、殺人事件、不景気、政治のことを考えると、「神様はどこにいるのか」と思うかもしれません。 人間って面白いですね! 人生がうまくいくときは、神様を無視するけど、辛いことがあると、神様の責任にする人がいます。 そんな考え方は信仰ではありません。 信仰ある人ならは、時が良くても悪くても、神様がすべてを支配していると信じ、不安にならないはずです。 神様は人間を祝福するときもあれば、裁く時もあります。 神様はすべてを支配していますが、人間に自由意思を与えています。 さまざまな出来事をとおして、人が心から神様を求めるように、神様が働いておられます。 辛い時には、神様の方に逃げる人も入れば、様から逃げる人もいます。  クリスチャンになったとしても、試練はあります。 試練は私たちを強くするためのものです。神様が私たちを愛しておられるからこそ、そうなさるのです。 「患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。」 (ローマ5章)   多くの人は何かの悩みを持っています。 幸せそうに見える人でも、あなた以上の悩みがあるかもしれません。悩みがありながら、幸せそうに見えるのはなぜでしょうか? 態度です! その問題を朝から夜まで心配せずに、神様に委ねているので、安らぎがあるのです。 クリスチャンは未信者のように、悩むはずはない! 今、心配していことを、その重荷を神様に委ねさい。 新たな心で新年を迎えましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...