2021年6月28日月曜日

清い花嫁のように。

聖書朗読 第二コリント11章 2節 私は神の熱心をもって、あなたがたのことを熱心に思っています。私はあなたがたを清純な処女として、一人の夫キリストに献げるために婚約させたのですから。 偽者の先生方がパウロが教えていた事を否定して、コリントの教会を惑わそうとしていた。彼らはだれを信じたらいいのかを分からなくなっていました。そこで、もう一度、偽者に気をつけるようにパウロが注意を呼びかけました。自分がどこまでコリントの信者の事を深く思っているかを伝えるために、自分の役割は、婚約中の娘を守るお父さんのような役だと言いました。 新郎と無事に結構が完了するまで、娘が処女のままであるように、お父さんは娘を守らなければならなかった。教会はキリストの花嫁です。パウロがこの町に福音を語り、多くの者が救われましたので、パウロがお父さんの様に責任を感じました。私たちも清い花嫁の様に、イエス様が迎えに来られるのを待ちましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...