2021年6月11日金曜日

神の奥義の管理者

聖書朗読 第一コリント4しょ、5章

  4:1 人は私たちをキリストのしもべ、神の奥義の管理者と考えるべきです。

パウロは自分のことと他の使徒に対して言ったことですが、私たちクリスチャン一人一人が祭司であり、神様に個人的に近づけますから、私たちもこの中に含めていいと思います。神様の奥義(福音)の管理者です。
配達の仕事の時、いろんな管理人に会いました。優しく、「お疲れ様です」を言う人、怒鳴って、「そこに停めるな」、その間くらいで、優しく「今度来たとき〇〇してください」とそこのマンションの決まりを教える人がいました。
私たちは福音に対して、どんなスタイルの管理人でしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...