2021年6月1日火曜日

祈りたくても言葉がでないとき

聖書朗読 ローマ章8章 26節 同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。 私たちが試練や様々問題の中にいるとき、祈りたくても言葉が出ない時があります。希望があるはずなのになぜかそれを感じないとき、または、心から祈れる時でも、どんな時でも聖霊が私たちの執り成しをしてくださいます。神様が私たちの声を朝から聞きたいのです。祈りをもち一日を始めましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...