2021年5月28日金曜日

信仰の父、アブラハム

聖書朗読 ローマ人 4章 20,21節 不信仰になって神の約束を疑うようなことはなく、かえって信仰が強められて、神に栄光を帰し、 神には約束したことを実行する力がある、と確信していました。 アブラハムは「信仰の父」として知られて、三つの宗教にとって大きな存在です。ただ、ユダヤ教やイスラム教は彼らの行いを見て真似しようとしますが、聖書はアブラハムの信仰を真似するべきだと教えてます。彼の信仰は彼の従順を見てわかります。そう言われると、彼の信仰と行いは同じものだと解釈しがちですが、違います。アブラハムは神様を信じて、行動しました。信仰が先です。神様を疑うことなく、神様の約束を信じて、自分のものにして、今日を歩みましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...