2021年5月23日日曜日

嵐の中でも恐れない

聖書朗読 使徒の働き27章   23,24節 昨夜、私の主で、私の仕えている神の御使いが、私の前に立って、こう言いました。「恐れてはいけません。パウロ。あなたは必ずカイザルの前に立ちます。そして、神はあなたと同船している人々をみな、あなたにお与えになったのです。」 最初は、船長をはじめ、船の操作に詳しい人たちは、パウロの指示を無視しました。そして、パウロはしばらくの間、助言をせずに彼らの自己勝手に任せました。21節が面白いです。私たちも良く子どもに言いますね!「ほら、いったでしょう」船長は自分の知恵や能力を頼りにしたが、どうにもならないと分かってから、パウロに聞き従いました。 この船には276人がいました。パウロの信仰と行動により、全員が嵐から助かったのです。「パウロが仕えている神様」と言い直すと、「神様の奴隷」と言えます。これは喜びある道であり、回りが状況を見て不安になっているのに、神の奴隷は安心して生活できます。なぜなら、主人が自分の家にいる家族だけではなく家で働いている者を守るように、神様が私たちを守るからです。神様の偉大な計画に委ねて、神様の奴隷になりましょう

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...