2021年5月21日金曜日

延期。。延期。。延期。。

聖書朗読 使徒の働き 24章 22節 フェリクスは、この道についてかなり詳しく知っていたので、「千人隊長リシアが下って来たら、おまえたちの事件に判決を下すことにする」と言って、裁判を延期した。 

 延期した!私たちはこの一年間、よく聞くようになった言葉ですね。23:26を見て、思い出してください。このリシアがフェリクスに手紙を出して、パウロをユダヤ人から助けた事やパウロが無罪であることを書きました。なのに、今度はフェリクスがまたリシアを待ち、リシアに責任転換するわけです。いろんなリーダー達の前に連れて行かれても、パウロが立派な神様のしもべであり、何も悪いことしてないのが明らかでした。誰もパウロを死刑にしたくなく、延期するパターンの繰り返しでした。 何かを待つというのは誰もが嫌がります。しかし、これにも時があります。待たされている中、神様が働きます。今いる場所で主のためにできることがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...