2021年5月12日水曜日

真夜中の賛美

聖書朗読 使徒の働き 16章 25節 真夜中ごろ、パウロとシラスは祈りつつ、神を賛美する歌を歌っていた。ほかの囚人たちはそれに聞き入っていた。 パウロたちはいつ寝てたんだろうね?真夜中でも賛美とお祈りしていました。無罪な人たちが牢屋に入れられて、賛美できるとはすごいですね。この証しにより、看守とその家族までが救われました。祈りにはもちろん、賛美にも力があります。周りが賛美を聞いて、「うるさい」と思わず、「仲間になりたい」と思うようになるといいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...