2020年3月13日金曜日

法律を無視する人を守るアメリカ!

「イスラエルの人々に言いなさい、『先にわたしがモーセによって言っておいた、のがれの町を選び定め、 あやまって、知らずに人を殺した者を、そこへのがれさせなさい。これはあなたがたが、あだを討つ者をさけて、のがれる場所となるでしょう。 ヨシュア記 20:2‭-‬3 口語訳 今、聖書の「のがれの町」の考えがアメリカで大きな戦いになってます。CA州やNY州の知事が不法移民を守るために、入国管理局と協力しないように警察に指示しています。国と州が裁判や色んな方法で激しく論じあってます。 「逮捕されそうなときに、のがれの町に逃げれば、守りますよ」と民衆党のリーダーたちが不法移民に伝えています。自分たちが正しいことをしていると思いこんでいるが、聖書の「のがれの町」とは全く違います。 聖書が教えたのは、「誤って、知らずに」犯罪を犯した人が、弁明できずに早すぎる不法な裁きから守るためのものでした。 聖書の教えに見えても、ずれているものは偽物です。私たちの周りに沢山あります。真理と偽物を見分けることができるように、聖書朗読を続けましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...