2013年3月17日日曜日

教会の妥協の時代

第二テモテ4:1-4 「神の御前で、また、生きている人と死んだ人とを裁かれるキリスト・イエスの御前で、その現れとその御国を思って、私はおごそかに命じます。御言葉をのべ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。」

    2013年はその通りの時代になっているように思います。日本のキリスト教会は次々と妥協しています。牧師は信者を喜ばすために、そして、未信者を喜ばすために、次々と妥協しています。
    牧師ははっきりと聖書の真理を語るべきです。わたしの仕事は人を喜ばす仕事ではありません。人に合わせる立場ではない。神様に従う義務があります。誤りなく、謝りなく、はっきりと語るべきです。これをしなくなると、教会として集まる意味がなくなります。多くの教会はただの人の集まりです。愛がある場所かもしれませんが、その愛はどんな愛でしょうか? Phileoの愛です。人間の愛です。完璧な愛ではない。教会は本当の愛を理解するべきです。
    ダラス市の第一バプテスト教会の牧師が先々週に、このように語りました。「今のアメリカでは、妥協している人が多くいます。この世の考えに合わせています。しかし、勇敢な男性はそういうことをしない。時が良くても、悪くても、神様の真理を謝りなく語るのです。たとえ、不便でも、人気ないメッセージでも、そうします。『先生、私は違うメッセージを語るために、神様に召されました。神様の愛を多くの人に語りたいです。罪と裁きのことを語るためには召されていない。』という男性もいます。真心より、そして、熱心に神の愛を語っている方です。熱心に間違ったことをしています。なぜなら、人間は神様の愛を理解できる前に、神様の裁きを理解しなければならない。人間は罪びとであり、神の愛を受け入れるには、ふさわしくないのです。しかし、神様の恵みにより、私たちは神の愛を受け入れるのです。神の正義と神の愛、両方を理解する必要があります。」
    アガペキリスト教会ははっきりと神様の正義と神様の愛の両方を語り続けます。妥協は絶対にしません。たとえ、最後の教会になっても!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...