2020年2月27日木曜日

人生の振り返り

あなたは知っているのだ。あなたの神、主だけが神であり、誠実な神である。主を愛し、主の命令を守る者には恵みの契約を千代までも守られる。
申命記7:9

申命記はモーセの最後の講演、イスラエル人に今までの歩みの振り返りと神様の言葉の取次である。今後、約束地に入るにあたり、気をつけることなど、大切なメッセージです。私たちは歴史を振り返ることができるので、イスラエルがこれを守った時、守られなかった時があるのは分かります。
私たちの人生が「歴史」になるとき、私が亡くなった後に、私たちのクリスチャン生活に対して何が言われていますか?クリスチャンには、神様の恵みがありますので、今からでも間に合います。

聖書朗読
申命記5-7
詩篇58 Know therefore that the Lord thy God, he is God, the faithful God, which keepeth covenant and mercy with them that love him and keep his commandments to 1000 generations Deuteronomy 7:9 Deuteronomy is Moses' last words to Israel lookimg back over their history and a message for going forward. We can see that Israel followed some of this advice and ignored some of it. What will be said about our Christianity after we are gone? We have grace so it's never too late to get back on track.

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「真生留」=マイケル

キラキラネームが多くて漢字が読めないこの時代ですから、私も「自分の名前の漢字を勝手に選ぼう」と数年前に思いました。最初はラインのIDに使っていただけですが、最近は仕事関係や名刺などでも使うようになりました。その漢字を選んだ理由を説明します。 真 (ま)  生 (いけ)  留 (る...