「私は、もうだめだ」

 

 そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」

 

預言者イザヤが幻で聖なる神様を見たとき、神様の栄光を近くから見ることができました。深く感動したと同時に、自分の物足りなさと汚さを感じました。私たちは本当に神様の栄光と素晴らしさを理解できているのでしょうか?周りの方々は「神」と日々の言葉にして、聖なる神様に対する汚い態度を持っていますが、私たちは気付かなかったうちに、それに少しでも影響を受けているのではないでしょうか?神様の栄光を日々味わいながら、自分の物足りなさに気づき、自分のくちびるを聖なるものにして、神様をほめたたえましょう。

 

 

聖書朗読:イザヤ書4-7、詩編144

 

Isaiah 6:5  Then said I, Woe is me! For I am undone; because I am a man of unclean lips, and I dwell in the midst of a people of unclean lips; for mine eyes have seen the King, the Lord of hosts.

 

 

When Isaiah saw a vision of God, he was immediately aware of the awesomeness of God, and also of his own inadequacies and uncleanness.  Sometimes, I wonder if we truly understand how awesome and holy God is.  We live in a world that often belittles the existence of God, and without realizing it, perhaps it has effected our attitude about God in some small way.  Do we stand before Him daily, in awe of His splendor.  Do we understand in comparison how small we really are? Let’s honor Him with our lips today.