「なぜ!」は神様に聞けばいい!

私なら、神に尋ね、私のことを神に訴えよう。神は大いなる事をなして測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。 ヨブ記5:8-9

 

ヨブ記を読むときは、その友のアドバイスは良いものかどうか、すなわち他の聖句とあっているかどうかを見分ける必要があります。 その友だちの多くのアドバイスは神様の教えではなく、間違っている知恵の例として受け止めなければなりません。しかし、一部は

正しい、良いアドバイスもあります。今の時代のサタンの働き方が同じです。良いものを沢山提供した中で聖書に反するものをまじ混んで、私たちをつまずこうとします。 

8節には友達がヨブに、「なぜ?」と聞いたり、自分の考えを弁明したいなら、直接神様としなさい、と伝えてます。人生が思う通りに行かないとき、その理由を周りに聞いても、正しい答えがありません。神様に聞きましょう。

 

 I would seek unto God, and unto God would I commit my cause: which doeth great things and unsearchable; marvellous things without number.  Job 5:8-9

 

When reading the book of Job, we need to look at a piece of Jobs' friends advice, and ask ourselves, "Is it consistent with the rest of Scripture?" We know that much of this advice is bad advice but some of it is good.  It's a great example of how Satan deceives so many Christians: mixing good advice (truth) with the bad so the person doesn't recognize the bad.

Eliphaz tells Job to ask God, "why?" And to please his cause with God.  That is good advice because his friends are clueless!