今は遅くないが、若ければ若いほどがいい。

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に、

伝道の書 12:1 

 

聖書朗読でこの三日間、伝導者の書の全章を読みました。ソロモン王の悲観的な態度もあり、何を言いたいかがわかりにくい箇所は少なくないですが、今日の聖句はわかりやすいのではないでしょうか?なぜ、若い時に神様を信じるのがいいのでしょうか?まずは、素直な時期で、色々と簡単なことを難しくしない時期だからです。そして、様々な失敗をしてしまう前だからです。若ければ若いほど神様に近づけるチャンスなので、弟子たちのように、神様に近づこうとする子どもを止めないでいましょう。年老いても、神様に近づけることができます。生きている限りだから、後回しにしないでほしい。

 

(聖書朗読:伝導者の書9-12、詩篇140)

 

Remember now thy Creator in the days of thy youth, while the evil days come not, nor the years draw nigh, when thou shalt say, I have no pleasure in them;

Ecclesiastes 12:1

 

In these 3 days we have read all of Ecclesiastes.  Because of Solomon's  negative outlook, it is difficult to follow at times, but today's verse is easy to understand. Why is it best to believe when we are young? Because the younger we are, the more sincere and innocent we are, and there aren't negative life  experiences to cloud our judgment.  It is before a life of mistakes and failures. Let's not stop small children from coming to Christ like the disciples did. The younger the better, although no matter how old you are,  it is never to late to believe.