願いを超えた祝福

それゆえ、聞きわける心をしもべに与えて、あなたの民をさばかせ、わたしに善悪をわきまえることを得させてください。だれが、あなたのこの大いなる民をさばくことができましょう」。  ソロモンはこの事を求めたので、そのことが主のみこころにかなった。
第一列王記 3:9-10

「一年で聖書を読む」チャレンジでこの有名な箇所まで進みました。今日の聖句のテーマは昨日のテーマと似てる。ソロモン王が知恵を願った理由は、何よりも価値があるものだと理解していたからです。神様がソロモン王に知恵だけではなく、願わなかった素晴らしい冨を与えましたね。 私たちはいかがですか?私たちの祈りは神様が喜ぶものでしょうか?私たちのテーマ願いを超えてる祝福をいただいてますか?

 

Give therefore thy servant an understanding heart to judge thy people, that I may discern between good and bad: for who is able to judge this thy so great a people?  And the speech pleased the Lord, that Solomon had asked this thing.
1 Kings 3:9-10

We've come to this famous passage in our reading through the Bible in one year, and the theme of today's devotional is similar to yesterday's.  King Solomon asked for wisdom because he recognized that is was more valuable than anything else.  God gave him even more than he asked for.  Are our prayers pleasing to God?  When is a time that God gave us even more than we asked for?