太陽が止まった日

主がアモリびとをイスラエルの人々にわたされた日に、ヨシュアはイスラエルの人々の前で主にむかって言った、 「日よ、ギベオンの上にとどまれ、 月よ、アヤロンの谷にやすらえ」。  民がその敵を撃ち破るまで、 日はとどまり、 月は動かなかった。 これはヤシャルの書にしるされているではないか。日が天の中空にとどまって、急いで没しなかったこと、おおよそ一日であった。ヨシュア記 10:12-13 口語訳

 

日をとどませることができる神様、その偉大な力の神様にとって、不可能なことは何一つありません。今日の一日に何があるかわかりませんが、それを神様に委ねなさい。

 

Then spake Joshua to the Lord in the day when the Lord delivered up the Amorites before the children of Israel, and he said in the sight of Israel, Sun, stand thou still upon Gibeon; and thou, Moon, in the valley of Aijalon.  And the sun stood still, and the moon stayed, until the people had avenged themselves upon their enemies. Is not this written in the book of Jasher? So the sun stood still in the midst of heaven, and hasted not to go down about a whole day. Joshua 10:12-13 KJV

 

Joshua requested and God caused the sun to stand still.  This never happened before and is impossible for us to understand.   We know this: nothing is too difficult for God!  Whatever happens today, entrust it to His hand.