話さない方が良い時

わたしは言った、「舌をもって罪を犯さないために、 わたしの道を慎み、 悪しき者のわたしの前にある間は わたしの口にくつわをかけよう」と。

詩篇 39:1 


詩篇39のテーマは人生の短さとそれにに対してのダビデの複雑な気持ち。1節には、ダビデが心掛けてることがあるのがわかります: 神様の働きに対する疑問を未信者の前には話さないこと!祈りの中で自由に神様に話しましょう。ただ、良い証にならないので、未信者の前には神様や教会に対する愚痴などは話さないように頑張りましょう。


I said, I will take heed to my ways, that I sin not with my tongue: I will keep my mouth with a bridle, while the wicked is before me.

Psalms 39:1 


The theme of Psalm 39 is David's complex feelings about the brevity of life. In verse 1, we see that David has determined in his heart to not complain or question about the work and mind of God in front of unbelievers.

It is good to pray openly and honestly to God., But in front of the lost, we should watch what we say.